永代供養の墓と一般の墓について

  • 永代供養の墓と一般の墓について

    • 永代供養とは一般邸には他の人と一緒の墓、あるいは同じ納骨堂に安置されることを指し、合同墓、合葬墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などで管理されることを意味します。

      iphone8情報選びをサポートするサイトです。

      個々の寺院によっては名称が異なる場合もありますが、概ねは以上のような形態がとられており、費用に関しても一式で支払うことによって寺院側で永代にわたって管理をしてくれます。

      永代供養の墓と一般の墓との違いは寺院による管理の他に、墓石代がかからないこと、また、墓地の使用料が割安になることが上げられまます。

      新宿の永代供養墓関連のノウハウを解説します。

      一般的に、永代供養での一式料金は10万円から100万円と寺院によってもばらつきがありますが、30万円から50万円位までが相場としては知られており、そこには、その後の管理費やお布施、また、良くみられる寺院からの寄付金なども含まれています。

      東京の永代供養墓情報について詳しく解説しております。

      そのために、永代にわたって費用の発生がなく結果的には安くなります。

      http://rocketnews24.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AC%E6%B3%95%E5%BE%8B%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/

      過去においての宗旨宗派を問われることはほとんど無く、故人や先祖の供養をとり行ってもらことができます。

      https://m3q.jp/t/6115

      造りに関しても寺院によって違いはあるものの一般のお墓を大きくしたものがほとんどで、それは地下や半地下に納骨室をつくり、その上に仏像、仏塔、碑などを建立したタイプ、納骨棚などに合祀スペースを設けたタイプ、建物として納骨堂を設けたタイプ、また、一般のお墓のように個別のタイプなど、いくつかの形状があります。

      そこでは納骨された人の名前は墓誌や過去帳、また墓籍簿に記載されるようになっており、ほとんどの場合には墓誌において行われています。

      http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_dvd/081287424.htmlに関連した情報が掲載されています。

  • 関連リンク